トップページ | 「心の日記」 »

2004年10月15日 (金)

西崎氏? 西崎さん?

ゼンリンの「住宅地図」をネットで購入しました。
なんと一万円弱。しかし、研究のためと「えーい」とばかりに購入。
届いて、包装を解いて、一瞬。
ほんとうに一瞬で早速一つの謎が解けました。

西崎山。

という文字。

なーんだ。
北斗の「フゴッペ」の中に、

 
一名これをMochashi-kotともいわれてゐるが、或る日とはそれはポンチャシコツの間違ひであらう(西崎氏の裏山のこと)といはれてはゐるが……

 
という記述があり、それを、私はずっと「西崎氏の所有する山」かと思っていたのです。
でも、これは「西崎氏」ではなく「西崎山」ではないかと。

 つまり北斗は「西崎さんの裏山」と書いたのではないかと。「山」をひらがなで開いて書くことはまあ、あることですよね。

 それが、新聞掲載の時にか、もしくは希望社版『コタン』掲載時に「西崎氏」に直されてしまって、そのまま現在に至っているのではないかと思い至ったのです。

 「西崎山」は場所的にもフゴッペ遺跡にも近いですし、「フゴッペ」の内容とも合致するんですね。

 あー、なんだって感じです。
 地元の人なら、「西崎氏の裏山」といわれたら、「西崎山のことだな」とわかるんでしょうが……。

 もう、こういうことがあるから、研究は楽しいんですね。

 それから、
 (1)西崎山にはストーンサークルがあるんですね。
 (2)旧フゴッペ遺跡は、「古代文字踏切」と書かれてありました。
 (3)ゼンリンの住宅地図が届いた夜、「プロジェクトX」でゼンリンのエピソードをしていました。地図製作の苦労。いや、ありがたいですね。

 ※管理人注 どうやら「西崎氏」は、西崎氏所有の山という意味でよいようです。(2005/10/16)

トップページ | 「心の日記」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 「心の日記」 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ