« 違星北斗の写真 | トップページ | 金田一京助『思い出の人々』 »

2004年12月 4日 (土)

藤井貞和、別冊太陽

12月 4日(土)00時49分39秒

 詩人の藤井貞和が、違星北斗について論じているそうです。

 『自由詩学』(思潮社)

 早速あたってみようと思います。

 Amazon:

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4783716102/qid=1102088931/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-8668345-3537859

それから、別冊太陽スペシャル(2004年11月)「先住民 アイヌ民族」の冒頭に、違星北斗の「アイヌの姿」が引用されているそうです。これも要チェック。


別冊太陽『先住民アイヌ民俗』  投稿者: 管理人  投稿日:12月 5日(日)15時56分42秒

 別冊太陽に違星北斗の作品が引用されている、とのことなので購入しました。

 表紙は掛川源一郎撮影・森竹竹市がカムイノミをしている写真。

 なかなかいい本です。

 別冊宝島の「アイヌの本」がありましたが、ああいう感じでしょうか。

 巻末に知里幸恵とバチラー八重子の記事があります。

 さて、肝心の違星北斗の引用ですが、たった一行です。

 「山の名、川の名、村の名を静かに朗咏するときに、そこにはアイヌの声が残った

 「アイヌの姿」の一行を引いて、地名の解説をしています。

 なかなかいい本なんですが、違星北斗度が低いので、私的にはちょっと不満です。

« 違星北斗の写真 | トップページ | 金田一京助『思い出の人々』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 違星北斗の写真 | トップページ | 金田一京助『思い出の人々』 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ