« 大発見?   | トップページ | マンロー問題 »

2005年1月31日 (月)

布団問題

1月31日(月)07時43分36秒

 いままで疑問だったのですが、「布団の問題」というのがあります。

 湯本喜作『アイヌの歌人』によると、北斗は平取時代、布団がなく、それを送ってもらうために余市に帰った、というような記述があるのです。

 しかし、その帰り知里真志保に幌別で知里真志保に会い、吉田ハナ宛に「一昨日当地(幌別)へ参りました。知里ましほ君と二人で泊まつてゐます」という葉書を書いた、と湯本さんは言っています。しかし、これは間違いです。この葉書は藤本英夫さんが『知里真志保の生涯』もおっしゃるとおり、2月29日の消印が押されているため、閏年の昭和3年のものであり、このころ、すでに北斗は平取にはいない。

 それでもこんな下世話というか庶民的な話だからこそ、逆に信憑性はあると思っていたんです。そして日記昭和2年8月27日には後藤静香が「蒲団は送る様に話して来たと仰しゃった」というようなものがある。これも大正15年のことならわかる気がします。8月下旬といったら、北海道なら肌寒くなってくる頃のではないですか?

 また、大正15年8月ごろ送られたと思われる西川光次郎への手紙(『自働道話』10月号に掲載)に、「家事上の都合により昨日当地に参りましたついでに少々研究もあります故九月十日まで当地に居ります、それからやはり沙流郡平取村の我が家に帰ります」とあり、この家事上の都合がもしかしたら「布団問題」に関係あるかもしれないですね。 

« 大発見?   | トップページ | マンロー問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大発見?   | トップページ | マンロー問題 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ