« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月28日 (木)

北斗と国柱会

4月28日(木)23時05分16秒

 出発を前に、定例の「違星北斗」検索をしていたら、新しいページがひっかかりました。

 それも、けっこう、サプライズです。

 「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」宮沢賢治学会・会報第30号

  http://www.kenji.gr.jp/kaiho/kaiho30/

 下の方に

「冬季セミナー講演(要旨)宮沢賢治「土神ときつね」と知里幸恵『アイヌ神謡集』

二〇〇四年十二月五日宮沢賢治イーハトーブ館 秋枝美保」

 という記事があり、アイヌと賢司についての研究を発表されていて、そこに北斗の記事があります。

 秋枝美保さん、という人の研究なんですね。


5 、田中智学とアイヌの接点

『天業民報』昭和五年八月五日に、「違星青年を惜む」という記事が掲載されており、アイヌの歌人「違星北斗」追悼(昭和四年没)に寄せて、彼が智学の下を訪れていたことが紹介されている。アイヌの青年たちと仏教との接点が認められ、興味深い。本発表では、賢治の実践活動への結節点にアイヌ文化との接点があったことを示した。


 とあります。

 田中智学という仏教の指導者がいて、その人による「違星青年を惜しむ」という記事があるのですね。

 それにしても宮沢賢治学会とは……そして、田中智学とは!?

 やはり、北斗は「仏教徒」であったがゆえに、キリスト教との距離をおいていたのでしょうか。この「天業民報」も見てみないと。

 田中智学も調べないと。

 また新たな発見があるかもしれない!


4月28日(木)23時11分0秒

思文閣 サイト・美術人名辞典より

田中智学

たなか ちがく


宗教家。東京生。東京江戸川一之江妙覚寺で得度。のち僧籍を返還し、日蓮宗を脱して日蓮主義による宗教活動を提唱。立正安国会創立。日刊新聞『天業民報』を発行。国柱会本部を建設。昭和14年(1939)歿、79才。


http://www.shibunkaku.co.jp/biography/search_biography_id.php?id=4263


4月28日(木)23時29分4秒

 この国柱会にも、北斗は出入りしていた、ということでしょう。

「違星青年を惜しむ」を読んだら、そのへんはわかるんでしょうね。

 国柱会には宮沢賢治が入会していたんですね。

 はあ、なんだか、中原中也だけじゃなくて、宮沢賢治も、北斗のまわりにちらついてきたような……まあ、共通の知人がいる、と言うレベルなんですけど。

 確か、大正15年に宮沢賢治が上京しているんですけど、

12月、チェロを持って上京。上野図書館やタイピスト学校で勉強。オルガン、チェロの練習、エスペラントを学習。29日、帰郷。

引用:http://www.city.hanamaki.iwate.jp/main/kenji/nenpu.html

 惜しい。北斗は大正15年の七月に北海道に帰っているから、数ヶ月の差ですね。

 しかし、北斗が「希望社」と同じようなつきあいを「国柱会」としていたとしたら、賢治と北斗はお互いの文を読んでいたかも知れない。(賢治が幸恵の「神謡集」を読んでいたのでは、というのが、秋枝先生の研究なのだと思いますが……。

 うーん。深い。


4月29日(金)00時15分36秒

 ちょっと引っかかるなあ。

 先の発表の要約なんですけど。その最後に

アイヌの青年たちと仏教との接点が認められ、興味深い。


 って、なんか変じゃないですか?

 だって、北斗が東京にいて、国柱会と接近したのは大正14年や15年ですよ?

 だいぶ前に書きましたけど、北斗は普通に「仏教徒」だった、と思われるわけで、それをアイヌの青年たちと仏教の「接点」だなんて書かれてるけど、なんか違和感だなあ。

 「接点」もなにも、おそらく北斗は祖父の代から普通に、仏教徒だったとおもうんですが……この文脈(元のHP参照)では、いかにも、「神謡集」の世界の住人、宮沢賢治にインスパイアを与えた、ピュアな妖精かなにかの文化の、その担い手であるかのような青年の一団が、はじめて仏教にふれ、それがとっても珍しいことのように読めてしまう。

(私だけでしょうか?)

 そんな……。

 変だなあ。

 

 うーん。

 (これは秋枝先生の講演の内容ではなくて、HP上の表現についての感想なんですが……)


国柱会……うーん。  投稿者: 管理人  投稿日: 4月29日(金)00時58分23秒

 調べれば調べるほど、「国粋主義的」ですねえ。

 日蓮と、国粋主義ですか。

 宮沢賢治と、

 石原完爾ですか。

 東京時代の、北斗の右傾っぷりを示す、一つの極かもしれませんね。

 でも、なんとなく、わかるような気がする。

 北斗の東京での空白の期間の秘密は、このあたりにあるのでしょうか。

 後藤静香の希望社、西川光次郎の自働道話社、田中智学の国柱会。

 金田一京助、博文館の中山太郎、伊波普猷、山中峯太郎、永井叔。

 北斗は、一年半の東京時代を、ただおとなしく労働していただけではないのでしょう。紹介、紹介でつてを辿って、いろんなところに知己を得て、いろんな組織に出入りしていた。

 

 まだまだ、北斗が東京で会い、親しくつきあった「著名人」はいると思われます。

 何か、私に見えていない大きな目的があったのでしょうか?

 何か、隠れているものがあるのでしょうか?

 

 北斗は、一体、東京で何をしようとしていたのか……?


4月29日(金)09時46分8秒

 微妙に関係ないんですが……

 石原完爾が国柱会のメンバーだっただけじゃなく、極真会館の大山倍達総裁もそうだったそうで、なんでも大山総裁に空手の手ほどきをした曹寧柱という人が国柱会だったと。

 違星北斗を調べてたら、それまで私がやってたことと関係あることが、いろいろ出てくるものですね。
 私は「空手バカ一代」を読んで極真空手を始めましたし、大学時代にゼミのY先生の専門が中也と賢治だったりもしまして、なにやら不思議だなあ、と。

 ゼミの3年次の発表では「言霊の虐殺とは何か?」ということで、金田一と知里真志保の確執を調べたんです。その時に参考書類として、北斗の短歌を刷ったんですが、それを見られたY先生は、「かえって現代的で新しいね、特にこの立ち食いソバの短歌なんて」みたいなことをおっしゃられ、それがずっと心にのこってたんだと思います。
 金田一・知里の確執から、違星北斗に興味が移ったのは、それからなんだなあ、などと思っていたりもします。

2005年4月19日 (火)

パッション:受難

投稿日: 4月19日(火)00時49分36秒

 映画「パッション」を見て、北斗とキリストについていろいろと考えました。

違星北斗の辞世に、

 いかにして「我世に勝てり」と叫びたる
 キリストの如安きに居らむ

(どうしたら死を前にして「私は世に勝った」と叫んだキリストのように心安らかにいられるのだろうか、というような意味でしょうか)
 とありますが、この「我世に勝てり(私は世に勝った)」というのは「ヨハネの福音書」からで、いわゆる最後の晩餐で弟子達に言った言葉です。「私はもうすぐいなくなるけれども、勇気を持って生きよ、神の国はもうきているのだ」というようなことでしょうか。よくわかりませんが。
 この短歌は、北斗のキリスト教への憧れと不信感の微妙なバランスを表しているんだと思います。
 バチラー親娘や平取教会の人々、思想上の師である後藤や西川、幼なじみの中里凸天、そして何より同族で「女神」のように憧憬していた知里幸恵といった、多くのキリスト者との直接的間接的な関係があった北斗ですから、キリスト教を信じようとしたこともあったでしょう。短歌に詠み込むぐらいですから、聖書も読み込んでいたのかもしれません。しかし、信じ切れない「何か」があったのだと思います。
 それが何なのかを考えるのも、また私のこれからの重要なテーマの一つだとも思っています。
 あと……すこし穿った見方かもしれませんが、北斗はある程度、自分の活動とキリストの布教とをを重ねて見ていたのかもしれません。並木凡平が「同族の救世主」とか言ってますが、北斗も全く意識しないことはないのではないでしょうか。石持て追われる……とまではいかないまでも、正しき道を行こうとして同族から冷笑を浴びせかけられたり、いくら言葉を尽くして理想を語っても、全く理解してもらえなかったり、苦難の連続だったと思いますが、そんなとき、キリストの受難を思って勇気づけられたことはあったかもしれません。(「十字架」という「シンボル」を背負ったキリストに対して、違星北斗は「北斗七星」という「シンボル」を背負ってもいるわけで……そういう類似もあるかと)。

 しかし、短命なイメージのあるキリストだって33年だか35年だか生きているのですね。違星北斗の27年の生涯の短さを思うと、やりきれないものがあります。志半ば……本当に半ばです。こつこつと種を播き、ようやく芽が出るか出ないかで絶命してしまいました。じょじょに活動に同調する者、興味を示す者出て来て、ネットワークをつくりはじめようかというその時だと思います。
 もし北斗がせめて35といわず、30まで生きていたら……その後のアイヌをとりまく状況はまったく違ったものになっていたのかもしれないのに、と思わずにはおれません。

2005年4月14日 (木)

牛乳一合

4月14日(木)23時51分38秒

 余市から東京まで、当時は丸2日ぐらいでしょうか?

 その間、口にしたのが牛乳一合というのは、本当に、すごい根性というか、一念ですね。

 おそらく、汽車賃も必死で工面してきたんでしょうね。とても食費には手が回らなかった。「弁当を一度も買わなかった」ということから、想像をたくましくすれば、もしかしたら余市で乗車したとき、家族から握り飯ぐらいは持たされたかもしれませんが、それもすぐに尽き、あとはじっと我慢だったのかもしれません。ようよう買ったのが牛乳一合。
 もちろん、お金は少しはあったかもしれませんが、東京に出てからのことを考えると、使えなかったのかもしれません。阿佐ヶ谷の西川宅(自働道話社)に着いたときには、西川光次郎や文子に食事を勧められたのでしょうか。最初は遠慮しながらも、ものすごい勢いで食べたのかもしれません。などと、勝手なことを想像してしまいます。

 この文子の記したエピソードは、金田一の「違星青年」とともに、北斗の真面目でストイックで、控えめな、決して要領は良くないけれども一途な性格をよく表していると思います。私は北斗の「ドジ」なところも好きなのですが(高尾登山の時に汽車に遅れそうになってていますが、これから東京を後にするというその汽車も、時間に遅れそうになっています)。

 改めて思います。
 北斗は、本当に魅力的な人間だと思います。違星北斗のことを多くの人に知って貰いたい、と思ってこのサイトを開きました。

 しかし、いくら言葉を尽くしても、わかってくれない人もいます。よく「どういう理由でアイヌの歌人を調べてるんですか」と聞かれ、不思議がられるのですが、理由なんて「違星北斗という人間が好きだから」という外にはないんです。どんなに北斗の魅力を語っても「何か裏があるんじゃないの?」といったよくわからない反応を受けることもありますが、そんなときはその人間が親しい人間であればあるほどなんだか淋しくなります。

2005年4月12日 (火)

道立図書館

4月12日(火)01時46分44秒

 道立図書館は5月5日、6日も開いているので、1日に調べられなかったことは、そこで調べられるかな、とも思っています。

 道立では「光を掲げた人」違星北斗ラジオドラマ台本、違星北斗の会発行の「違星北斗遺稿集」、志づく、北海道人、小樽新聞、北海タイムスなどの北斗関連の記事を参照したいと思っています。

 北斗が訪れた場所、特にフゴッペ、古平、島泊、シリパ、鰊場、ウタグス(?)などや、北斗や凸天が育った大川町、古田謙二が住み、北斗がよく訪ねたという浜中町なども歩いてみたいです。北斗の通った小学校が現在のどの小学校にあたるのか。

 また、余市駅や余市川など、普通に北斗が歩いていたようなところも見ておきたいです。80年の時を越えて、同じ場所を歩くというのはなんとも感動します。

もともと余市アイヌの集落があった「イヨチ・コタン」が現在でいえばどのあたりなのかも調べておかねばなりませんね。町名や番地の変遷は、やはりその地域でないとなかなか調べられませんし。 

 小樽には過去4度訪れました。そのときは違星北斗に対する関心が今のように明確になっていなかったので、二度はフェリーの発着場として、一度は単に観光客として訪れただけでした。学生時代に訪れた時などは、本州から青春18きっぷで行ったため、札幌でラーメンをたべてまた各駅停車で折り返すというバカな旅をしたのですが、その時に小樽と余市も電車で通過はしました。今思えば……。

2005年4月10日 (日)

GW調査予定

4月10日(日)18時20分15秒

 

 一応の予定を立てました。

 4月30日(土)の夜に小樽に着き、5月6日(金)の夜に小樽を発ちます。

 5月1日(日)は一日道立図書館に籠もりたいと思います。

 5月2~4は道立図書館が休みですので、余市や小樽を探索したいと思います。

 レンタサイクルかバイクがあれば、それを利用するつもりです。

 (車は運転できないのです)。

 4日ごろ、富良野の友人を訪ねるつもりにしています。

 5月5、6日は未定です。

 6日は船の都合があるので、余市・小樽で過ごしたいと思います。

 平取にも行きたいのですが、今回は時間がありませんので、またの機会にしたいと思います。

 せっかくの連休なのに、経済的理由によって、時間を削らないといけないのは辛いです。

2005年4月 3日 (日)

コザハ? シモケホ?

4月 3日(日)19時44分50秒



汽車は今コザハトンネルくぐったふとこの山の昔しを偲ぶ (「志づく」)


 この「コザハ」は、函館本線の「小沢(こざわ)」でしょうか。

 「小沢トンネル」は確認できませんでしたが、倶知安トンネルと稲穂トンネルに挟まれた駅で、「トンネル餅」という土産もあるようです。

 では、

鉄道がシモケホまで通ったので汽車を始めて見る人もある


 のシモケホはどこなんでしょう?

http://www.onitoge.org/tetsu/hakodate/48kozawa.htm


シモケホは  投稿者: 管理人  投稿日: 4月 7日(木)08時08分30秒

「下下方」で今の静内ではないか、1926年の開通で時期的にも近いような気がする、というご指摘を匿名で頂きました。

 ありがとうございます! 感謝いたします。

 普通はしもけぼう、と読むのですね。

 1926年ということは時期的にも、地区的にも平取時代の短歌と見ていいでしょうね。

 同じ方から、芝増上寺への「留学」についても、ご教示いただきました。

 この「留学」は、相当に杜撰で強制的でなものだった、ということで、それが祖父万次郎のような当事者にとっては「自分は昔役人(になるところ)だった」という懐旧談にもなってしまうというところが問題の複雑さを示している、ということですね。

 ありがとうございました。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ