« 並木凡平の短歌 | トップページ | 余市文教発達史 »

2005年5月22日 (日)

北斗の肖像について  

5月22日(日)19時52分56秒

 

 北斗の肖像はいままで、3点見つかっています。

 (1)小樽新聞、遺稿集、草風館版『コタン』などに載っているもので、一番知られている写真。

 (2)『アイヌの歌人』に掲載されている写真は、白目と黒目がはっきりしていて、黒目がちな北斗の写真とは、雰囲気がちがいます。「(大正15年東京にて撮影)」のキャプションがあります。

 (3)『思い出の人々』に掲載されている、中里篤治と一緒に写っているもの。

 いずれもが同じ服を着ているのですが、これは一体なんだろうと思っていました。

 いろいろ調べたのですが、これ「国民服」(乙式)に酷似していますね。

 ただ、「国民服」が制定されたのが昭和15年ですから、大正時代にこの服が「国民服」と呼ばれていたかどうかはわかりませんが……。

 

 (1)の写真、いろいろなヴァージョンがあり、背景が写っているものと写っていないものがあります。

 一番広い範囲が写っているのがこの「違星北斗遺稿集」(昭和29年)の写真で胸より上が写っています。

Ikousyupics

« 並木凡平の短歌 | トップページ | 余市文教発達史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 並木凡平の短歌 | トップページ | 余市文教発達史 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ