« 小樽新聞・違星北斗紹介記事 | トップページ | 中里徳太郎 の父 »

2005年5月28日 (土)

ノタラップ

 5月28日(土)18時31分16秒

 『北海道の文化』61号(平成2年2月)所収の「ヨイチアイヌの民俗『カムイギリについて』青木延広氏)によると、余市の古老「ノタラップ」は民族の誇りが高く豊富な知識の持ち主で、北斗は、このノタラップより教えを受けた、ということです。

 

 この「ノタラップ」、「ノダラップ」として山中峯太郎の小説『民族』『コタンの娘』に出て来ます。

 峯太郎は、北斗をモデルとした小説を書くため、親しかった北斗の口から出た名前、ノタラップを使ったのでしょうね。

« 小樽新聞・違星北斗紹介記事 | トップページ | 中里徳太郎 の父 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽新聞・違星北斗紹介記事 | トップページ | 中里徳太郎 の父 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ