« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月27日 (月)

西田彰三について  

6月27日(月)16時23分31秒

 西田彰三の著作権継承者をご存じないか、小樽商大に問い合わせましたところ、すぐに教えてくださいました。

 小樽商大の担当者の方、ありがとうございます。なんていい大学なんでしょう!


 小樽商大の総務課の方に教えて頂いた情報によりますと、

《高商では「商品学」という分野を担当され

 大正7年2月25日講師で採用→

 大正9年10月6日教授に昇任→

 昭和18年6月14日退官→

 昭和18年6月30日非常勤講師就任、

 昭和24年1月4日死亡と記録されております。(緑丘50年史より)》

 (ということは、没後すでに56年ほど経っていますので、西田彰三のフゴッペ論文は掲載可能だということです)。


6月27日(月)23時12分12秒

 ということは、やはり西田先生は「高商」の「商品学」先生であって、民族学とか考古学といった学問に対しては、すくなくとも専門外だったわけですよね。

 あの「日文(ひふみ)」とか「蒙古トルコ文字」なんていう、トンデモぶりには納得できます。まあ、現代から見るからこそ、トンデモだとわかるわけなんでしょうが。

 それに比べたら、北斗の説は、なんて地に足の着いた、冷静な意見なんでしょう。すごく現実的な、「理知的」な意見だと思います。

2005年6月23日 (木)

違星北斗の印象について

6月23日(木)00時23分57秒

 違星北斗と出会った人たちが受けた北斗の印象を並べてみます。

《上京以前》

 ・古田謙二

彼はよく私の所に遊びに来た。小学校も尋常科きりの学歴だったが、読書が好きで、いろいろな知識をもっており、殊にみずからがアイヌであるとの自覚は、彼を一種の憤慨居士にしていた。

(「落葉」)

 これは、思想上の一大転機の前後です。上京前、大正14年より以前でしょう。

 「茶話誌」を作っていたり、「にひはり」に投稿していたころかもしれません。

 「落葉」は、北斗の和人への反逆思想が一転し、アイヌのために一生を捧げる前向きなものになるまでを描いていますが、肝心の、思想上の一大転機は描かれておらず、その前後が描かれています。


《東京時代》

 ・西川文子

 

 幸に額田さんと違星さんとが事務を大変に手伝って下さったので助かりました。二人とも本当に感心な青年です、違星さんはアイヌの方ですが、絵も文筆も俳句なども上手な珍らしい人で、北海道の余市から阿佐ヶ谷まで来るのに牛乳一合買ふたきりで弁当は一度も買はずに来たほどの人です。

 (「校正を終へて」)

 この牛乳一合のエピソードは、北斗の直向きさや意思の強さ、ストイックさなどがよく表れていると思います。


 ・金田一京助

 

 五年前の或夕、日がとつぷり暮れてから、成宗の田圃をぐる/\めぐつて、私の門前へたどり著いた未知の青年があつた。出て逢ふと、あゝうれしい、やつとわかつた。ではこれで失礼します。

 誰です、と問うたら、余市町から出て来たアイヌの青年、違星瀧次郎といふものですと答へて、午後三時頃、成宗の停留所へ降りてから、五時間ぶつ通しに成宗を一戸一戸あたつて尋ね廻つて、足が余りよごれて上れない、といふのであつたが、兎に角上つてもらつた

 (「違星青年」)

 これも、北斗の木訥さ、真面目さ、そして人に対して遠慮がちなところが良く出ていますね。

北斗は自分で「私は常に他人に相槌を打つ癖がある。厭なのだがしかたない、性分なのだから」(「コクワ取り」)と言っていますが、なんとなくわかりますね。


 ・伊波普猷

 

 この時、一同の視線は、この青年アイヌを物色しようとして、盛に交叉されました。やがて金田一君の招きに応じて、自席を立つたアイヌは、晩餐の時、私の向ひに座つて、上品にホークとナイフとを動かしてゐた眉根が高く隆起し、眼が深く落ち込んでゐて、私に奄美大島の人ではないかと思はせた青年でした。彼れは流暢な日本語で、しかも論理的な言表し方で一時間ばかりウタリ・クス――吾等の同胞――について語り、少からぬ感動を一同に与へました。

 (「目覚めつつあるアイヌ種族」)

 ここでは、一転して北斗の理知的なところが出ていますね。意外に大舞台に強いところも。


 ・山中峯太郎

 

『世界聖典全集』を出版した松宮春一郎さんの名刺を持って、顔の黒い精悍な感じのする青年が、私をたづねて来た。松宮さんの名刺に、「アイヌの秀才青年ヰボシ君を紹介します。よろしくお話し下さい。」と、書かれてゐた。

 (「コタンの娘」)

 これは、ちょっと初めて読んだ時は、意外でしたね。「顔の黒い」というのが。

 これは暗い印象なのか、病的に黒いのか、それとも逆に日焼けして黒いのか。

 「精悍」な感じはよくわかりますが。この頃の北斗は、本当に貪欲に人脈を築き、見識を深めていっていっています。

 山中峯太郎は、革命家でもあったわけですが、超一流の学者や作家なんかに後れを取らず、そういう人たちに一目置かれて、若き友人として厚遇された違星北斗という人物は、一体どんな人だったんだろうと改めて疑問に思います。


 ・額田真一

 また見える筈の違星北斗君が、七時になっても見えず、どうした事かと案じて居ますと、七時十二分発車のベルはケタヽマシク鳴響いて止んでしまひました。もう駄目だと、諦めて。プラットホームに返す途端、違星氏が見えて大急にて汽車に飛込みました。

(「自働道話社遠足会 高尾登山」)

 これは「寝坊」あるいは「時間にルーズ」かもしれないという、側面を現すエピソード。北斗は、北海道に戻るときも電車に遅れそうになっていますし、後藤静香の乗った汽車が余市を通り過ぎる日にちを間違えたりもしています。

 このように北斗はけっこうドジです。

 向こう見ずで後先考えないところ、進んで火の中に飛び込むようなところもあります。吹雪の中、泊まるところがなくて困ったりもしますね。


 ・後藤静香

 嘗て、凡てを理解した様に、今はもっとよく何でも理解されると思う。

 兄のあのにこやかな笑顔が見える。

(「跋」)

 ここは、「にこやかな」がポイントですね。

 いま見つかっている北斗の肖像は、どう見ても「にこやか」ではない。

 しかし、後藤静香の脳裏には、私たちが知らない、北斗がにこやかな笑顔が、浮かんだんですね。

 気になるのは「嘗(かつ)て、凡てを理解した様に」というフレーズ。

 改めてここを読んで、尾崎豊が歌った

「あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと歩いてしまう」(「傷つけた人々へ」)

 を思い出してしまいます。

 私にも経験がありますが、「若さ」は時に、一時的にですが、真実を悟らせ、凡てを理解させてしまう(あるいは錯覚させてしまう)ものですよね。


 ・宗近真澄

 北斗君は情熱の人であった。/意気の人であった。/後藤先生と初対面の時の話/君は例に依り熱をこめて/アイヌ民族の衰退を嘆き/自分の抱負を述べた。すると先生は感謝された。/『有り難う……』/先生の此のお言葉は/電気の様に違星君を打った。/此の一語は永久に君を/先生に結びつけたのだ。(「故人の霊に」)

 これは、やはり青天の霹靂のようなものでしょうか。

 後藤静香と違星北斗の出会いのシーンですね。北斗の熱っぽさと、それに対する後藤静香の意外な言葉。

 この心の動きですね。これは、かつての「思想上の一大転機」の状況とも似ている気がします。

 どうも、北斗は自分の中でどんどんどんどん熱を帯び、灼熱してゆくのですが、それが予想外の他者の「やさしさ」や「情」のようなもので返されると「ガツーン」とショックを受けてしまうようですね。

《帰道後》

 ・並木凡平

 三日余市の妹尾よね子さんの宅に開かれた短歌会に彼の姿を見出した、私は少からぬ感激に打たれた、語り出す一語一句は、われく仲間よりなほ理智と謙譲の奥床しさがあった

(「河畔雑記」)

 ここでは、北斗の理性的な面、謙虚さが出ていますが、それ以上にこの頃の北斗にはなにかオーラのようなものを感じてしまいます。だいぶ覚悟が決まってきたのもあるでしょうが、和人の年長者ばかりの歌会に単身乗り込んで行き、そこですごい存在感を示しているんですよね。なんだか凄みがある。「新短歌時代座談会」を読むと、何人かの和人の歌人の先生は、はっきりいって北斗の登場にビビってます。

 (まるで「空手バカ一代」の最初の空手大会で、大山倍達の登場におののいた空手界の重鎮たちのようです)。

 他にも、北斗の性格を現す文章はあります。それになにより彼の作品自体が彼をよく現しているのでしょうが、やはりこういう客観的な描写が北斗の性格(少なくとも社会的なペルソナのようなもの)をよく現していると思います。

2005年6月19日 (日)

新発見の色紙

 6月30日(木)00時02分40秒

 新発見といっても、私にとって新発見だっただけで、これは余市に行った時にA氏に頂いた写真で、実物はどなたかが所蔵しているのでしょうけれども。

 これまでのコタンに載っていた色紙よりずっと写実的ですね。

 これに限らず、北斗の画というのは、祖父万次郎か父甚作か兄梅太郎か叔父伯太郎か、だれかをモデルにしたものかもしれませんね。

2005年6月18日 (土)

古田謙二

6月18日(土)22時33分35秒

 北斗の俳句の師であるとされる古田謙二(冬草)の句集『冬霧』(昭和34年発行)によると、

 古田謙二は昭和34(1959)年2月2日に満60歳の誕生日を迎えた、とありますので、1898(明治31)年生まれということになり、北斗より3つ年上です。

 「先生」というより、兄貴分というような感じだったのでしょうね。

 古田は1918(大正7)年、20歳の時に初めて俳句を詠みます、

 成長期には家が火災に遭い、小学校卒業後は額に汗して働かねばならなかったということです。小学校教員になりますが、資格をとるために受験勉強に追われて、俳句に気を向けている余裕がなかった、ということです。

 昭和5年、留萌の女学校へ赴任してから、「暁雲」主幹の青木郭公に手紙を書き、それに参加、昭和19年より「緋衣」を始めます。

 北斗と出会った当時、余市小学校の先生だったわけですが、3つ違いですから、まだ二十代前半です。今まで言われていた「北斗の俳句の師」というイメージともすこし違う気がします。

 北斗が最初に俳句を発表したのが大正13年で、このころでも古田は5年ほどの俳句歴しかなく、いわば同人の先輩後輩ような感じではなかったのでしょうか。

 北斗の遺稿をまとめた昭和4~5年ごろでも29歳ぐらいです。


6月19日(日)13時08分44秒

 『余市文教発達史』によると、

 余市小学校訓導であった古田は、大正の末ごろ、余市の句会に参加していました。

 これは、田中半夢(余市農産物検査員)と多田半銭(りんご園経営)、小保内桂泉(旅館業、日記昭和3年のフゴッペに関する記述のところにに出てくる郷土史家の小保内氏であろうと思われます)らが開いていた句会で、小保内旅館で行われていたようです。

 これに北斗が参加したかどうかわかりません。大正14年頃の2月には東京に向かっており、微妙なところです。大正13年より『にひはり』誌に投稿をはじめており、それには「俳句の師」である古田の影響があったでしょうから、やはり、古田を通じてこの会と関係があったのかもしれません。

 

 古田冬草は熱心なクリスチャンで、家族がみな俳句をやっていたので、自然に短歌をたしなむようになっていったようです。若い頃は教員として余市、留萌等で過ごし、昭和24年札幌へ移り、北海道拓殖銀行に入り、昭和31年に退職しています。

2005年6月 9日 (木)

並木凡平全歌集

6月 9日(木)03時25分49秒

 並木凡平全歌集を購入。

 しかし、ちっとも「全歌集」なんかじゃない!
 看板に偽りありです。

 多数あるはずの「北斗」に対して詠んだ短歌は軒並み載っていないし、北斗にインスパイアされたアイヌについての短歌も載っていない!
 けっこうショックです。

鰊殺しの神様

6月 9日(木)03時22分48秒

小樽新聞 昭和3年4月8日に

ボッチ舟に鰊殺しの神さまがしらみとってゐた春の天気だ


というのがあります。

私は、なぜかいままで「鰊殺しの神様」が、動物の「ネコ」だと勘違いしていました。

これは、どこかでそう読んだ記憶があったのでそうしてたんですが、

先日入手した並木凡平の全歌集に、この「鰊殺しの神様」が出て来たんです。

「鰊殺しの神様」は「カミサマ」つまり、以前あらやさんに教示いただいた「鰊漁場の出稼ぎ労働者」なんですね。

それにしても、なんで「ネコ」だとおもったんだろう。どこかに書いてあった気がするんですが。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ