« 八重子の足跡 | トップページ | 希望園 »

2005年9月30日 (金)

バチラー周辺

9月30日(金)01時21分7秒

『バチラー八重子の生涯』によると、バチラー八重子が幌別教会にいたのはT13から、S2年まで、S2より平取教会となっています。

これは、『若きウタリに』(岩波文庫)も同様。『異境の使徒』も『バチラー八重子抄』も『バチラー八重子小伝』(『若きウタリに』)でも昭和2年。

これらの「昭和2年」の記述は、北斗の日記の「昭和2年」という記述に引っ張られているものだと思います。

で、北斗の「昭和2年」の日記が、実は「大正15年」だった、という発見を受けて、これらのバチラー八重子の平取教会時代が昭和2年からだ、というのも間違っているといわなければならなくなりません。

 今回の旅で平取教会を訪れたのですが、あまりめぼしい資料はなかった(わからなかった?)ようでした。神父さんが「聖公会の資料は、大阪の桃山学院にある」とおっしゃっていたので、確認してみたいと思います。

 平取幼稚園の始まりの年も、本によって大正11年だったり、12年だったり、本によって違いますし、終わった年も「昭和3年」と「昭和4年」があり、はっきりしません。

 平取教会で頂いた資料(「平取保育園25周年記念誌」)によれば、保育園の前身である平取幼稚園は大正12年9月~昭和3年。後藤静香の援助が大正11年12月(『後藤静香選集10』)~大正15年(「日記」)だから、これは結構信憑性が高いのではないかと思う。後藤静香の援助を受けて設立された幼稚園だから、大正11年12月より前に幼稚園はできていないと思う。

« 八重子の足跡 | トップページ | 希望園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重子の足跡 | トップページ | 希望園 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ