« 違星北斗の旅 最終日 旅の終わり | トップページ | 平取≠二風谷 »

2005年9月 2日 (金)

イとエ

  9月 2日(金)11時20分44秒

 今回の旅で、余市の方の訛りとして「イ」音と「エ」音の類似があるんだなあ、というのを再確認しました。

 これまで気になっていた「イ」音と「エ」音の記述の混乱は、やはりこれが原因なのだと改めて思いました。

「イボシ」と「エボシ」

「イサン」と「エサン」

「イカシ」と「エカシ」

などは、おそらくこれによるものだと思います。

 また北斗「滝次郎」の名前がいたるところで「竹次郎」と書かれているのも、このせいでしょうね。

「滝次郎タキジロウ」「竹次郎タケジロウ」。

 北斗自身も訛っていたでしょうし、周りの人間も「タケジロウ」と訛って呼んでいたのでしょう。

 北斗自身も別名のような感じで「竹次郎」と書いていた風でもありますね。

« 違星北斗の旅 最終日 旅の終わり | トップページ | 平取≠二風谷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 違星北斗の旅 最終日 旅の終わり | トップページ | 平取≠二風谷 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ