« 金田一春彦と北斗 | トップページ | 余市アイヌの伝説 »

2007年1月26日 (金)

北斗の家族

(1)余市の郷土史家・佐藤氏作成の系図(昭和58年作成)には、北斗は樺太白浜出身の良江という女性との間に女児があった。
 
(2)早川勝美による北斗をよく知るトキというおばあさんからの聞き書きによると、北斗はニシン漁の盛んな頃、鰊場に出稼ぎに来ていた樺太出身のスナコという女性と出会い、一緒に暮らしはじめ、やがてトモヨという名前の子を設けたが、子が生まれて20日ほどでその女性は、子どもを連れて出て行ってしまい、籍は入れていないという。

 この「トモヨ」が日記の「トモヨ」と同じ人物なら、日記のトモヨは娘ということになりますね。
 また、出会ったのがニシン漁が盛んなときということは、大正14,15は北斗が東京にいますし、昭和2、3年は不漁、昭和4年は死んでいますから、ですから、どうしても大正13年以前ということになりますね。

(3)違星北斗の会を主宰し、平取の歌碑建立に尽力した木呂子敏彦氏の資料の中に、以下のようなメモ書きあり。
「北斗の旧妻小笠原 シナ
     娘  ヨシエ」

 「小笠原シナ」が「旧妻」なのか、「小笠原シナの娘 ヨシエ」
が旧妻なのか、どちらとも取れるが、(1)のヨシエと関係あるのかもしれない。

(4)「にひはり」大正十四年一月号に

 いとし子の成長足袋に見ゆる哉   北斗

 との俳句(?)あり。
 
 以上の話をまとめると、
・北斗には妻というか、恋人がいた。(籍は入れてない)
・その女性は樺太の出身の人である。
・その女性との間に女の子がいた。

 この(1)の「良江」と(2)「スナコ」は同一人物かもしれないですし、別人なのかもしれない。
 
 また、北斗と親しくしていた古田謙二はこの「妻」や「子」の存在を知らないような感じですね。

管理人  ++.. 2007/01/26(金) 01:04 [302]

 もう一点、北斗に(内縁の)妻と子あったことを記す資料があることを以前にPさんから聞いていました。
 大阪府立図書館にありましたので、複写してもらいました。

(5)「平成10年度普及啓発セミナー報告集」(財団法人アイヌ文化振興研究推進機構)所収の講演録

 「アイヌの伝統」豊川重雄氏 (P193)
(前略)

質問:樺太のアイヌと北海道のアイヌが親戚関係になるということは、ありうることなんでしょうか?昔はどうでしたか?

豊川:聞いた話では、亡くなった余市の違星北斗というアイヌは、樺太アイヌの女性と結婚して、子どもが一人います。違星北斗はあまりハンサムではないけれど、樺太アイヌの奥さんはすごい美人だったと言う話も聞きました。

(後略)

 (1)~(3)は本になっているわけではないので、正式に活字になっているのは、この(5)の情報のみですね。この本は大都市の大きな図書館にはあるのではないかと思います。
 
 それにしても、私は違星北斗はハンサムだと思うんですが……トキさんも北斗は顔は「まずい」って言っています。そんなことないと思うんですが。

管理人  ++.. 2007/02/27(火) 22:40 [309] [引用]

« 金田一春彦と北斗 | トップページ | 余市アイヌの伝説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金田一春彦と北斗 | トップページ | 余市アイヌの伝説 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ