« 「アイヌの星―評伝 違星北斗― | トップページ | 違星万次郎 »

2008年4月12日 (土)

平村幸雄氏とは

 北斗が大正15年、平取時代に「子供の道話」を配っていた中に、唯一実名で登場するのが平村秀雄氏と同キノ子氏。

 この平村秀雄氏は、昭和5年に「蝦夷の光」に記事を書いた「平村幸雄」氏と関係があるのでしょうか。

 民族学博物館研究報告29に掲載されている関口由彦氏の論文『「滅び行く人種」言説に抗する「同化」』を読んでいて、このいずれかの平村幸雄氏が、もしかしたら作者不詳の「違星君入村当時の思い出」の作者なのかもしれないという気がしてきました。

 証拠はないですが。

 平村幸雄氏は『蝦夷の光』に「アイヌとして生きるか?将たシャモに同化するか?――岐路に立ちて同族に告ぐ」という文を書いています。

 これは今後も調べていきます。

 

« 「アイヌの星―評伝 違星北斗― | トップページ | 違星万次郎 »

コメント

「平取町史」によれば、平村幸雄氏は平取の町会議員を務めた方のようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アイヌの星―評伝 違星北斗― | トップページ | 違星万次郎 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ