« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月14日 (水)

違星ハル

 北斗の母。1871(明治4)年9月余市郡川村(現大川町)生。旧姓は都築。

 甚作との間に8人の子供(男児6人、女児2人)があった。梅太郎は21歳の時、竹次郎(滝次郎=北斗)は31歳の時の子である。この兄弟の構成は戸籍をもとにしたものだが、資料によって人数や名前に差異があるため、いろいろと疑問は残る)。

 ハルのことはほとんど記録が残っていない。北斗の発言および短歌などからわずかにその人柄がしのばれる程度である。

 ハルは若い頃、和人の家で働いていた経験があり、そのために学問の必要性を感じて、瀧次郎をアイヌの学校(いわゆる「土人学校」)ではなく、和人の学校に入れたという。当時、アイヌの子弟は「土人学校」と呼ばれた学校に入れられることが多く、尋常小学校が六年間であるのに対して「土人学校」は四年しかなく、教科も少なく、カリキュラムの面で差がつけられていた。
 北斗は母の強い勧めもあり、和人の尋常小学校に通うことになるのだが、そこで待っていたのは同級生による執拗ないじめであった。

 私は小学生時代同級の誰彼に、さかんに蔑視されて毎日肩身せまい学生々活をしたと云ふ理由は、簡単明瞭『アイヌなるが故に』であった。(「アイヌの姿」)

 北斗は小学生時代のことを、あまりいいようには言わない。北斗は自ら「
小学校六年生をやっと卒業した」(「淋しい元気」)という。

 
アイヌ、アイヌといつて非常に侮蔑され、時偶なぐられることなどもありました。学校にいかないうちは餓鬼大将であつて、和人の子供などをいぢめて得意になつてゐた私は、学校にいつてから急にいくぢなしになつて了ひました。この迫害に堪へかねて、幾度か学校を止めようとしましたが、母の奨励によって、六ヶ年間の苦しい学校生活に堪へることができました。もう高等科へ入る勇気などはとてもありませんでした。(「目覚めつつあるアイヌ種族」伊波普猷)

 実際のところは「高等科に入る勇気」があっても、家庭環境的に難しかったのかも知れない。万次郎と甚作、そして梅太郎という三人の稼ぎ手がいたわけだから、あるいは違星家にも北斗を高等小学校に行かせる余裕はあったのかもしれない。

 しかし、北斗に学問の必要性を説き、励まし続けた母親ハルは、大正の初めごろ、北斗が十二歳ぐらいの頃に亡くなってしまう。(ハルの没年については、早川勝美が「放浪の歌人」の中で大正元年11月11日、41歳としている)。

 母を亡くした北斗は、のちに母のことを偲んで歌を詠んでいる。

  洋服の姿になるも悲しけれ/あの世の母に見せられもせで

  親おもふ心にまさる親心/カツコウ聞いて母はいってた

(『北斗帖』)

  正直が一番偉いと教へた母がなくなって十五年になる

(『志づく』)

 確かに、母ハルの「学問大事」という信念は、北斗に学問という大きな武器を与えた。辛かった尋常小学校での六年間の勉強が、その後の自修のための基礎を付けたのは間違いない。伊波普猷は北斗が持参した同人誌『茶話誌』創刊号の北斗の宣言「アイヌとして」(正確には「アイヌとして 青年諸君に告ぐ」)を読み、「尋常小学校の教育しか受けない者が、あんな文章を書くとはたゞ驚くの外ありません」と、彼の文章力を高く評価している。残念ながら「アイヌとして」は現存しないが、彼の卓抜した文章力はその後の彼の代表的な、不朽の論文「アイヌの姿」を見てもよくわかる。
 「正直が一番偉い」という母の教えが、北斗の正直で実直な性格を育ませたのかも知れない。

 また、北斗は知里幸恵やバチラー八重子を女神のように崇拝しているように見える。このような女性観を持つに至ったのには、やはり思春期前に母を亡くしたという体験によるところが大きいのかもしれない。

 当たり前のことであるが、ハルがなければ違星竹次郎(瀧次郎)は生まれなかったばかりか、歌人としての違星北斗もまた、うまれえなかったのだと思う。

2008年5月 9日 (金)

吉田巌日記から

 O先生から、吉田巌の書いたものの中に北斗のことが出ていたと教えて頂きました。

ありがとうございます。

 早速、収蔵されている図書館を調べましたところ、大阪府立図書館にあるようなので、行ってきました。

(1)O先生が教えてくださった記事

 帯広市社会教育叢書NO.2 『東北海道アイヌ古事風土記資料』

「日新随筆」の中の「古潭春秋〈上編〉成蹊録」より

 東京日日新聞に、違星竹次郎君の記事が、金田一氏によつて報ぜられた。4月10日に亡くなって75日とやら、昨年福田義正氏がここに来て語つた話に、違星がアイヌ詩人として金田一氏の発表記事に憤慨している、遭って鉄拳を加えんといきまいていると聞かされたことが思い出されたが、彼も斃れてはだめだつたウタリーの死を悼む。(昭和4.4.16)

 また、帯広叢書NO.34 『吉田巌男日記15』には

 昭和4年4月の日記として、同じような記述がありました。

十六日 前晴、后曇。

 尋五、六に五時間ぶっとうし時間の計算をなす。放課后の掃除時間が計算できぬ。成績にかえり見て。

 今日郵着の十四日付東京日日に、違星(注1)竹次郎アイヌの記事が、金田一氏によって報ぜられた。四月十日になくなって七十五日とやら、昨年福田義正君がこゝに来てとまった時の話に、違星がアイヌ詩人として、且金田一氏の発表記事に憤慨しているとあって、鉄拳を加へん、といっているときかされたことを思ひ出したが、彼もたふれてはだめだった。

 注(1)滝次郎が正しい、歌人で北斗と称していた

 おそらく、こちらが原文でしょう。

 推測するに、昭和4年4月14日の東京日日新聞の記事(記事本文)を見た吉田巌は、前年に吉田の元を訪れた福田義正(大男涙を落す記さらば小樽よ小樽の人々よ)から、北斗のことを聞いたが、それは金田一が発表した記事に対して、北斗が憤慨しており、「鉄拳を加えん」といっている、というようなものであった、ということでしょうか。

 北斗が師ともいうべき金田一京助に対して「鉄拳を加えん」とは穏やかではありませんし、そういうキャラでもないような気がしますが、あるいはこういう側面も北斗中にあったのかもしれませんし、そういわれてしまう側面が金田一にもあったのかもしれません。

 たしかに、翻って考えてみれば、我々のような生身の人間なら誰しも、大恩ある師のことであっても、多大な敬意を払いつつも、その師について尊敬する側面とは別のこと、側面の陰口や悪口をいうこともあるでしょう。あるいは、誰かから金田一について、なにかを吹き込まれて印象が悪くなっていたという可能性もあるでしょう。(北斗に近い人物で金田一のことをよく思っていない人物といえば、限られてくると思いますが)。

 ともかく、吉田巌は、福田義正から聞いたのでしょう、北斗は金田一の発表した記事を読んで、怒りにふるえ、拳を握ったと。

 では、北斗をしてここまで怒らせた記事とは何か。

 昭和3年に載った、金田一が北斗について書いた記事といえば、おそらくこれでしょう。

 この中では、北斗のことは実名では出てきません。

 いわゆる、北斗の「思想上の一大転機」が描かれた文の一つでもあります。

  他にも、北斗自身が「淋しい元気」で同じシーンを書き、伊波普猷もまた「目覚めつつあるアイヌ種族」で、同じシーンを描いています。

 小学校の頃から、和人の子供たちにイジメられ、働き出しては、和人との差別的待遇に怒り、和人への敵愾心に燃えていた北斗が、ある時、会合に出た時に、校長先生から「我々はアイヌとは云ひたくはない言葉ではあるが或る場合はアイヌと云った方が大そう便利な場合がある。又云はねばならぬ事もある。その際アイヌと云った方がよいかそれとも土人と云った方が君達にやさしくひゞくか」と言われ、愕然とします。和人にも、このよに優しい気遣いをしてくれる人がいることに驚き、そして感動するのです。そして、世をのろい、人を恨み続けてきた自分の愚かさに気づいて、家に帰ってさめざめと泣いた、それ以来、思想を一転し、よい人間になるために努力をするようになった、というのが北斗の、そして伊波普猷の記述の概要です。

 しかしながら、この「慰めなき悲み」には、金田一得意の脚色(あるいは潤色)が入っています。校長の言葉を聞いて、北斗は演台に立ち、涙を流しながら大演説をぶつのです。相当にドラマチックに改竄されています。

 あくまでも推測でしかありませんが、これを読んで、北斗は「事実と違う!」と拳を握ったのではないでしょうか。

 金田一京助は北斗のことを相当に気にかけて、また美化していたような雰囲気があります。

 京助の息子の春彦の記述には、北斗が酒を飲んでお金を無心するので、金田一の妻が北斗のことを毛嫌いしていたという記述もあります。にわかには信じがたいことですし、金田一京助も完全否定しており、私もあまり信じてはいませんが、実際にはそれが間違っているのかどうかすら、今となってはわからないことだと思います。

 北斗も人間である以上、心の中にダークサイドを持っていたことでしょう。欲望に負けたり、怠惰な生活に溺れることもあるでしょう。

 だとしたら、金田一のことを悪く言うこともあるかもしれませんし、怒りにうちふるえて拳を握ることもあるでしょう。北斗は聖人でも君子でもないのですから。

 あるいは、北斗は自分のことを書かれたからではなく、他の記事(たとえば知里幸恵についての記事や、アイヌ全般についての記事)を読んで怒ったのかもしれません。特に、知里幸恵については、東京から戻ってきて、道内を巡り歩いたこのころの北斗は、知里真志保と親しくつきあっていたので、金田一について思うところが変わってきていたのかもしれません。

 そのあたりは、もうすこし調べる必要があるかと思います。

2008年5月 8日 (木)

希望社の雑誌

北斗が生きていた時代の希望社の雑誌がごっそり売りに出ていたので、意を決して購入。

全部93冊だけど、一冊あたりだと100円ちょっと。

①「のぞみ」 希望社

 大正12年 1~11月/大正13年1月、3~12月/大正15年2~7月、9月、11月

 昭和2年1月、5~8月/昭和3年1~12月/昭和4年1~7月、9月、11月

②「希望」 希望社 

 大正11年6~7月/大正12年6~11月/大正13年1~5月  

 大正14年1~4月、8~12月/大正15年2~11月/昭和2年4~5月、7月、9~10月

 昭和3年1~7月

 以前、同じく希望社の「大道」に北斗の追悼記事があったので、期待に胸を躍らせながらとりかかりました。

 数日かけて、ひととおり精読しましたが、北斗に関することは全くでていませんでした。

 非常に、残念です。

 「のぞみ」、「希望」とも修養雑誌ですが、それぞれのターゲットが「のぞみ」は一般読者、「希望」は教育者向けということのようです。

 執筆はほとんど後藤静香一人によるものらしく、格言や古今東西の偉人伝、寓話などが主です。カリスマ的な後藤静香の一人語りです。

 希望社の雑誌には、同じく北斗が愛読していた、西川光二郎・文子夫妻の「自働道話」「子供の道話」のように、読者からのお便りを掲載するといった「双方向性」がほとんどみられません。

 そういうこともあってでしょうが、北斗の痕跡は、今回読んだ「希望」「のぞみ」にはまったく残っていませんでした。北斗は後藤静香とは面識があり、アイヌのことでいろいろ意見交換をしたりしていたようですが、雑誌上においては、北斗は百万読者の一人でしかなかったようです。

(ただ、「大道」が北斗の追悼文を掲載した昭和5年のあたりには、同様の何かがあるかもしれませんし、今回チェックしていないところに掲載されている可能性はないとはいえませんが)。

 同じ修養雑誌でも、「読者参加型」でアットホームな雑誌であった西川光二郎の「自働道話」等と、カリスマ後藤静香のお言葉、いわば「お筆先」を記した希望社の「希望」「のぞみ」等とは、当然ながら棲み分けがあったと思います。

 ただ、共通しているのは、時系列で読んでいくにしたがって、徐々に右傾化していく時代の匂いや勢いが、誌面からもよくわかることでしょうか。

 時代の空気が、そうだった以上、その空気を吸っている北斗をはじめとする善男善女、無辜の人々もまた、その影響を受けざるを得ないのだと思います。

 北斗の右傾化したようにみえる言動について、現代の匂いや色のついた空気の中から、あれやこれや非難するのは簡単ですが、それでは本当の北斗のこと、彼の言葉の意味は何もわからないでしょう。

 北斗が吸っていた空気の色や匂いを知らなくてはいけない。完全とはいえないけれども、その空気を出来る限り知ったつもりになった上で、北斗の言動を見なければならない。

 そんな気がします。

 機会があれば、希望社の雑誌について、もっと読み込んで、何か書いてみたいとも思います。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ