« 生活 | トップページ | 一言集 »

2008年8月26日 (火)

ありえたかもしれない人生

北斗が東京で出会った「大人」たち。

あのまま東京に留まっていたら、ありえたかもしれない、北斗のもうひとつの人生。

東京での安定した生活を続けていれば、若くして病気で死ぬこともなかっただろう。

金田一京助や伊波普猷のような、学者としての人生。
若くして中国革命運動に身を投じ、人気作家になった山中峯太郎のような生き方。
軍隊で上官を殴り、マンドリンをもって放浪した大正のヒッピー・永井叔。
後藤静香の元で希望社で社会運動を続けていたら、どうなっただろうか。
国柱会の活動に熱中していたら坊さんになっただろうか。

北斗はなぜ、この奇人たちに惹かれながらも、彼らのようになろうとしなかったのか。

« 生活 | トップページ | 一言集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活 | トップページ | 一言集 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ