« ありえたかもしれない人生 | トップページ | 北斗と平取 »

2008年8月30日 (土)

一言集

 北斗が、病床で最後まで読んでいたという「一言集」という小冊子を入手。

 後藤静香が格言や警句のような、短い言葉を描いたもので、昭和3年10月発行。非売品で、昭和4年版「心の日記」の付録のようです。

 この昭和3年10月といえば、もう、かなり弱っている頃です。
いくつか書き出してみます。

-----------------------------------------



誰でも、自分の親から某年某月某日某所で生れた。之は訂正されぬ絶対の運命である。人間には盲従せねばならぬ事がある。此の真理を解せず、凡てに我が儘が通ると思つたら、悲観し又煩悶する。



偉大なものを持たない人間は、すぐに自分を大きく思う。
絶えず伸びて居る人間は、いつも自分を小さく感ずる。
小さくは感じながらも大きくなり得る望みをもつ。



やれるだけやる。結果は成行にまかせる。
結果がよければ尚やる。
悪ければ、考え直して尚々やる。



善い事だと思ながら尚 行い得ないのには二つの原因がある。
一つは、本当に知らないから
他の一つは、愛が足りないからである。



私は急ぐ。人を愛するから急ぐ。溺れかゝって居る子を、来年まで見過ごしにする親はない。徐々に進むとゆうのは、徐々に進めてもよい事か、それほどになまぬるい人間のする事である。



大自然の中にころげこむと、自然が自分の家になる。
人間の中にころげこむと、人間が自分の家族になる。

一五

自分の仕事に命を投げこむと、自分の天職がわかる。
そうして自分の力量がわかる。

二四

不滅の霊は、自身と同じ様な不滅な仕事を要求する。正しく仕事が霊に託されて居る。それは自己と全世界との完成である。
不滅な仕事に没頭して居るとき、最高の悦びを感ずる。

二五

本当に愛するとは、他の中にある自己と、自己の中にある自己とが、一つになることである。愛はどんな民族をも相抱かしめる。
愛は愛を呼び起す。

三五

天下を動かさんとする者は、先ず自ら動くべし。
眠れる獅子は走る犬に如かず。

------------------------------------------------

といったぐあいの文章が、59編載っています。
古田謙二によると、北斗は病床で、この本を繰り返し読んでいたそうです。


管理人  ++.. 2008/08/30(土) 00:54 [365] 

なかなか興味深いので、もう少し引いてみます。
-----------------------------------------------

三四

病を癒し得るものが医師だけではない。
生きる力は誰の中にも宿って居る。
病を癒す最上の方法は、其の生きる力に活気を添える事である。

三七

よその家に行って、便所や流しもとばかり嗅ぎ廻るのは犬である。
人間ならば玄関から堂々と座敷へ通る。此の人生にも汚い所はあるが、強いてそこだけ嗅ぎまわるには及ぶまい。

四一

昔の志士英傑にも何等かの影はあつたろう。併し余りに強い光のために凡てが明るく見える。吾等がもつ過去の影、それに対する吾等の義務は、その影をも照す輝く前途をつくる事である。

四六

いつも肌身をはなさぬ書物があるか。又何か研究して居るか。
何の研究もせず、又研究しようとする意志さえない人間は、退歩するより外に仕方がない。進歩のとまつた人間は早く老衰する。

五七

伝統は貴い。伝統には、幾代の間に洗練せられたものが宿って居るから貴い。併し伝統が生命を失うならば、それはもぬけの殻である。
愛は殻を破つて新しい生命を送り出す。

五八

国民の一人一人が、国家を我物とし、国家と自分との合体を悟ればよい。之が分れば、利己心が愛国心に変る。此の事は自己を没却する事でもなく犠牲にする事でもなく、最もよく生かす事である。

五九

孤独から自然へ走り、自然とぴつたり触れあつたとき、それは人間をも抱き得たときである。地より天へ、そうして再び天より地に下る。もう孤独ではない。

-----------------------------------------------

これらの言葉を、病床の北斗はどのような気持ちで読んだのでしょうか。

後藤静香の言葉には、私も引き込まれそうになります。
国家主義的な部分は、時代的にしょうがないと思います。その部分も含めた上で、もうそろそろ、多くの人に読まれてるようになってもよい頃かもしれません。

« ありえたかもしれない人生 | トップページ | 北斗と平取 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありえたかもしれない人生 | トップページ | 北斗と平取 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ