« 無題 | トップページ | 北斗と尺八 »

2012年4月 7日 (土)

北斗と映画

北斗がいた大正14年から大正15年に、かかっていた映画。

「20世紀へタイムスリップ 1925年(大正14年)」(http://nannohidonnahi.sakura.ne.jp/20seiki/1925/05.htm

 黄金狂時代(The Gold Rush) 6.26 アメリカ 1925/12/(日本公開)
  監督:チャールズ・チャップリン
  出演:チャールズ・チャップリン

 オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera) 9.6 アメリカ 1925/09/(日本公開)
  監督:ルパート・ジュリアン
  原作:ガストン・ルルー
  出演:ロン・チェイニー メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー ギブソン・ゴーランド

 戦艦ポチョムキン ソ連 第1次ロシア革命20周年記念映画 1967/10/(日本公開)
  監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
  出演:アレクサンドル・アントノーフ グリゴリー・アレクサンドロフ ウラジミール・バルスキー

 キートンのセブン・チャンス(キートンの栃麺棒 Seven Chances) 3.11 アメリカ
  監督:バスター・キートン
  出演:バスター・キートン

 キートンの西部成金(キートンのゴー・ウェスト! Go West) 11.1 アメリカ
  監督:バスター・キートン
  出演:バスター・キートン

 ロイドの人気者(The Freshman) 9.20 アメリカ
  監督:フレッド・C・ニューメイヤー サム・テイラー
  出演:ハロルド・ロイド

邦画

 恩讐の彼方に 2.5
  監督:牧野省三
  製作:東亜キネマ(等持院撮影所)
  原作:菊池寛「恩讐の彼方に」
  脚本:直木三十三
  出演:市川花紅 常盤松代 沢田正二郎 久松喜代子
  上映:京都マキノキネマ

 街の手品師 2.13
  監督:村田実
  製作:日活(京都撮影所第二部)
  出演:岡田嘉子
  上映:浅草三友館

 月形半平太 5.15
  監督:衣笠貞之助
  製作:聯合映画芸術家協会(等持院撮影所)
  主演:沢田正二郎
  上映:浅草大東京

 ふるさとの歌 9.17
  監督:溝口健二
  製作:日活(関西撮影所教育部)
  出演:木藤茂 辻峰子 川又賢太郎 橘道子
  上映:大阪常盤座

 日輪 11.13
  監督:衣笠貞之助
  製作:マキノプロダクション(御室撮影所) 聯合映画芸術家協会
  原作:横光利一
  出演:沢村源十郎 市川猿之助 阪東和三郎 市川八百蔵 マキノ輝子 マキノ富栄
  上映:浅草大東京

 雄呂血 11.20
  監督:二川文太郎
  製作:阪東妻三郎プロダクション
  配給:マキノプロダクション
  出演:阪東妻三郎
  上映:浅草大東京

「20世紀へタイムスリップ 1926年(大正15年)」(http://nannohidonnahi.sakura.ne.jp/20seiki/1926/05.htm

洋画

 肉体と悪魔(Flesh and the Devil) 12.25 アメリカ 1929/03/(日本公開)
  監督:クラレンス・ブラウン
  原作:ヘルマン・ズーデルマン「消えぬ過去」
  出演:グレタ・ガルボ ジョン・ギルバート

 拳闘屋キートン(キートンのラストラウンド Battling Butler) 9.19 アメリカ
  監督:バスター・キートン
  出演:バスター・キートン

 ロイドの福の神(For Heaven's Sake) 4.1 アメリカ
  監督:サム・テイラー
  出演:ハロルド・ロイド

邦画

 カラボタン 8.30
  監督:野村芳亭
  製作:松竹キネマ(蒲田撮影所)
  出演:田中絹代
  上映:東京歌舞伎座

 陸の人魚 9.12
  監督:阿部ジャック
  製作:日活(大将軍撮影所)
  原作:菊池寛
  出演:梅村蓉子
  上映:神田日活館 葵館

 足にさはった女 10.29
  監督:阿部豊
  製作:日活(大将軍撮影所新劇部)
  出演:岡田時彦
  上映:神田日活館 三友館

 狂った一頁 9.24
  監督:衣笠貞之助
  製作:新感覚派映画連盟 ナショナルフィルムアート社
  原作:川端康成
  出演:井上正夫 中川芳江 飯島綾子
  上映:武蔵野館

第3回(1926年度)キネマ旬報ベストテン
 外国映画
 第01位 黄金狂時代 監督:チャールズ・チャップリン
 第02位 最後の人 監督:F・W・ムルナウ
 第03位 ステラ・ダラス 監督:ヘンリー・キング
 第04位 海の野獣 監督:ミラード・ウエッブ 出演:ジョン・バリモア
 第05位 鉄路の白薔薇 監督:アベル・ガンス
 第06位 ダーク・エンゼル 監督:ジョージ・フィツモーリス
 第07位 ダグラスの海賊 監督:アルバート・パーカー
 第08位 熱砂の舞 監督:ジョージ・フィツモーリス
 第09位 ロイドの人気者 監督:テイラー・ニューメイア
 第10位 滅びゆく民族 監督:ジョージ・B・サイツ
 日本映画
 第01位 足にさはった女 監督:阿部豊
 第02位 日輪 監督:村田実
 第03位 陸の人魚 監督:阿部豊
 第04位 狂った一頁 監督:衣笠貞之助
 第05位 カラボタン 監督:野村芳亭
 第06位 受難華 監督:牛原虚彦
 第07位 紙人形春の囁き 監督:溝口健二
 第08位 転落 監督:井上金太郎
 第09位 水戸黄門 監督:池田富保
 第10位 蜘蛛 監督:悪麗之助

こうやって見ていくと、全然古そうな気もしませんね。
むしろ現代よりも名作が多いような……。

北斗が映画について書いたものはあまりないですが、

  貧乏を芝居の様に思ったり 病気を歌に詠んで忘れる

なんて歌を読んでいるので、芝居などは嫌いでははいような気がしますね。

北斗ではなく、中里篤治(凸天)に

  阪妻の型をまねする子供等の、元気は俺のどこにもないのだ

という短歌があります。

 丁度、北斗が上京した頃に阪妻の「遠呂智」が公開されて、目玉の松ちゃん(尾上松之助)がなくなっていますね。

« 無題 | トップページ | 北斗と尺八 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題 | トップページ | 北斗と尺八 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ