« これを読んだらアーカイブ | トップページ | 違星北斗の生涯(その1 誕生・家族・故郷編) »

2012年4月28日 (土)

北斗とソーシャルメディア

 戦前の「希望社運動」とかを思うと、カリスマとは、思想を育む「情報」をくれる人だったんだよね。今、情報過多でみんなさかしくなって、人の言う事は疑うことは出来る。でも「思想」がないからふわふわしている。カリスマにすがりたいのは人間の本能だけど、今や情報をくれるのはグーグル先生だ。

 自分の好きなアイヌの歌人、違星北斗も人のソーシャルなつながりを大事にした人で、東京では金田一京助からの紹介で、いろんな思想家、作家、文化人と人から人へつながっていき、思想を深めて行った。その思想を北海道の各所で抑圧されるアイヌ同胞に伝え、団結を説いた。人間ソーシャルメディアだ。

 違星北斗は当時のメディアである新聞も活用した。それも、ほぼ、唯一読者が参加できるCGM(消費者生成メディア)である「短歌欄」を使って、不特定アイヌ同胞や、和人に向けてアイヌの実情や心情を短いメッセージとして送った。本来文芸作品を披歴する場をツイッター的なメディアとして使用した。

 違星北斗とソーシャルメディアか。人を動かすのは人の心であり、人の心を入れた「メディア」であったし、それは違星北斗の場合は、そこに民族の「存亡」をかけた。メディアはあくまでいれものだが、中身によっては、人は一命すらかけるし、人の心はメディアによって人の心を動かし世界をかえる。

« これを読んだらアーカイブ | トップページ | 違星北斗の生涯(その1 誕生・家族・故郷編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これを読んだらアーカイブ | トップページ | 違星北斗の生涯(その1 誕生・家族・故郷編) »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ