« 北海秘話 魂藻物語 (其の一) | トップページ | 市立小樽文学館で、企画展「違星北斗と口語短歌」が開催 »

2012年6月10日 (日)

違星北斗発見の土偶

北斗が発見した土偶が、北海道開拓記念館(札幌市厚別)の「北の土偶」展(2012年3月6日~5月13日)に展示されていたとお聞きして、図録を取り寄せました。

これです。

595178222

北斗が考古学的なことに興味があったことは、「フゴッペ論文」などの記述からも明らかでしたが、このような形で残っているとは感激でした。

Photo_3

実物が見てみたいのと、北斗がこれを発見した時期やシチュエーションが知りたいですね。

発見時期として考えられるのは、おそらくは北斗が余市での郷土研究に力を入れ始める昭和3年頃ではないかと思いますが、実際のところはわかりません。

北斗が発見した考古資料としては、投網をしていて余市川から発見したスイカ大の土器(山岸医師に寄贈)がありますが、他にも北斗が見つけた考古資料があるのかもしれませんね。

Photo_5

↑北海道から東北、北関東にかけて出土した土偶が沢山掲載されていて、眺めているだけで楽しいです。土偶マニアの方にもおすすめ。

(図録「北の土偶 縄文の祈りと心」、編集/北海道開拓記念館、発行/北海道新聞社)

« 北海秘話 魂藻物語 (其の一) | トップページ | 市立小樽文学館で、企画展「違星北斗と口語短歌」が開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海秘話 魂藻物語 (其の一) | トップページ | 市立小樽文学館で、企画展「違星北斗と口語短歌」が開催 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ