« | トップページ | ネタバレすみません。 »

2015年1月 8日 (木)

マッサンと違星北斗の余市

 NHKの朝ドラ「マッサン」の中で、

 マッサンが大阪から汽車で北海道に向かいました。

 当時、東京から小樽でも汽車で丸2日ですから、大阪だと丸3日ですね。

 違星北斗が余市から上京した時も、戻るときも丸2日かかってます。

 マッサンで風間杜夫が演じる余市の鰊漁場の「森野」の家のモデルは、

 多分ですが、

 余市の「林」家。 ただ、モデルといっても、名前のイメージぐらいだと思います。

 ドラマでは会津出身で、明治に北海道に渡ったとなってますが、実際の林家は江戸時代から鰊漁場の番屋。

 林家に伝わる漁場の業務日誌「林家文書」は江戸時代の余市アイヌの貴重な資料になっています。

 マッサンのドラマの中では「今年も大漁だ」と、威勢のいいことを言ってる余市の森野漁場ですが、

 昭和初頭の実際の鰊漁は不漁続きでした。

 実際に当時鰊漁をしていた違星北斗も

 昭和2年には「今年は例年にない不漁です」、

 昭和3年「また今年不漁だったら大へんだ」

 と嘆いていて鰊の漁獲量は減る一方の頃です。

 マッサンの作中では、今、昭和何年だろう?

  昭和2年、3年なら、ヤンシュの中に違星北斗がいても不思議ではないけど、日本初のウイスキーが発売されたのが昭和4年だから、多分違星北斗は死んでいる。

 ニアミスですね。 

                           

 国産初のウイスキーが出来たのが

 昭和4年の4月、この年は空前の大不漁みたいだけど、

 さすがに発売から春の鰊シーズンまで間がなさすぎるから、

 もしマッサンがそのウイスキーを余市に売りに来たのは

 翌5年のことかも。

 

« | トップページ | ネタバレすみません。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | ネタバレすみません。 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ