« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月10日 (火)

中里徳太郎

「アイヌ教育制度の廃止 --「旧土人児童教育規程」廃止と1937年「北海道旧土人保護法」改正 /小川正人

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/29404/1/61_P37-79.pdf

この44Pの注釈、知里幸恵が聞いたという「余市の中里さんは中里篤治」は誤りで、父の中里徳太郎の事ですね。

金田一京助は余市の中里徳太郎を随分と買っていましたが、時をおかずして徳太郎は亡くなってしまいます。

「あいぬの話」金田一京助
http://www.geocities.jp/bzy14554/ainunohanashi.html

「ウタリクスの先覚者 中里徳太郎を偲びて」違星北斗
http://iboshihokuto.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-baf5.html

2015年2月 9日 (月)

北斗の短冊

 「アイヌ民族否定論に抗する」(河出書房新社)をお読みになった方がツイッターで興味深いつぶやきをされていました。
 その方のお祖父さまは、違星北斗のお知り合いだったとのこと。
 さっそく、ツイッターで連絡させていただきました。
 現在、札幌にお住まいのTさんとおっしゃられる方で、その方のお祖父さまは、小樽の景山病院で働いて短歌や俳句をされており、ご自宅に北斗が泊まられたられり、一緒に銭湯に行ったことがあるそうです。
 
 景山病院といえば、北斗が活躍していた「新短歌時代」に掲載された「さらば小樽よ小樽の人々よ」という福田義正の文章に登場します。

http://www.geocities.jp/bzy14554/sarabaotaruyo.htm

 
 また、今回ご連絡をいただいたTさんのお祖父様のお名前も、上の文章に出ているそうです。

 さらに!
 ご自宅に現在も「北斗の直筆の短冊」がある、とのことでした。

 それが、こちらです。

Ss


 これは、間違いなく、北斗の筆によるものだと思います。

 特徴的なのが「4」に似た「斗」の形、斗の右下に点を打つこと。

2015年2月 2日 (月)

日本残酷物語

このたび平凡社から再発売になった

「日本残酷物語」

http://amzn.to/1EyWnTT

には、違星北斗が登場していますよ。

北斗の名前は出ていないですが、

北斗のことについて語った金田一の文章を、

村上久吉が借用、

それを高倉新一郎が引用している感じです。

http://iboshihokuto.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_2c54.html

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ