« SF乱学講座・「違星北斗」 | トップページ | 【新発掘】 違星北斗「小曲」 »

2015年9月 1日 (火)

オマンルパロ

知里真志保の「あの世の入り口いわゆる地獄穴について」の中で、余市の伝承として「余市町郷土史」を更科源三が「北海道伝説集アイヌ編」に引用しててるのを真志保が孫引きしてるんだけど、話の運びが違星北斗の「郷土の伝説」とほとんど同じなんどよね。

元の余市町郷土史は北斗を参照してるのでは?

あと、「あの世の入り口」の呼び名が、余市なのに、遠く離れた日高と同じ「オマンルパロ」なのかな、とも。

日高に縁深かった北斗が、日高の呼び方を持ってきたってことないよね?

余市のシリパのオマンルパロの文献上の初出を調べてみよう。

「余市町郷土史」は1933年発行。余市の教員の手によるもの。

北斗の「郷土の伝説」は1927年。

ただ当時の伝説自体がけっこう知られていたのかもしれないし、共通の底本があるのかもしれない。

« SF乱学講座・「違星北斗」 | トップページ | 【新発掘】 違星北斗「小曲」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SF乱学講座・「違星北斗」 | トップページ | 【新発掘】 違星北斗「小曲」 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ