« 『路地裏のコタン』 | トップページ | 『違星北斗の生涯』更新予定 »

2020年11月29日 (日)

カムイギリ

日曜美術館見てた。
違星北斗の生まれた余市のアイヌには特有の『カムイギリ』と呼ばれるシャチ形の木彫がある。
余市はアイヌ文化の伝承がほぼ途絶えてしまったのだが、余市の人以外でも、誰か彫る人が現れないものだろうか。

出典は『北海道の文化72』「沖の神(シャチ)とカムイギリ」(青木延広・難波琢雄)

画像

違星北斗は「アイヌは偶像を彫らない」というんですが、これは偶像に入らないのかなとも思うんですが。


違星家の花矢(イオマンテで使う矢)にはシャチのデザインが使われている。
魚(とそれに類する生物)は偶像というのに含まないのかも知れないな。
画像
カムイギリの復元資料は「最後の余市アイヌ」と呼ばれた方が製作されたようで、記憶に基づいて作られたようです。その後、実物資料が発見されたとのこと。どちらがより本物ということではないですね。

« 『路地裏のコタン』 | トップページ | 『違星北斗の生涯』更新予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『路地裏のコタン』 | トップページ | 『違星北斗の生涯』更新予定 »

フォト

違星北斗bot(kotan_bot)

  • 違星北斗bot(kotan_bot)
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ